毛が皮膚の中に!埋没毛にならないためのポイント

カミソリや毛抜きが埋没毛の原因に

自分でカミソリや毛抜きを使ってムダ毛の処理をしていると、皮膚の中に毛が埋まってしまう埋没毛になってしまうことがありますよね。なぜ埋没毛になってしまうかというと、皮膚がダメージを受けたことで皮膚の再生機能が早くなるからです。新しく生えてくる毛が皮膚の外に出るよりも先に、皮膚が毛穴を覆います。すると伸びた後も毛が外に出てこられず、皮膚の中に埋まってしまうのです。埋没毛を避けるためにはカミソリや毛抜きを使った自己処理は控えるようにしましょう。

埋没毛は放っとけば自然になくなる

埋没毛になったことがある方のなかには、埋もれた毛を取り除こうとして毛抜きで皮膚の上から引っ張ろうとしたことがあるかたもいるでしょう。しかし無理やり取り除こうとすると、皮膚へのダメージがさらに与えられて出血や色素沈着の原因となってしまいます。では埋没毛になったときにどうすればいいのかというと、そのまま何もせずに放置しておけばいいのです。ムダ毛のサイクルや皮膚の新陳代謝によって、自然に分解と排出が行われ、放置している間になくなります。しかし埋没毛は見た目に影響があるので取り除きたいという方もいるでしょう。皮膚の表面に近いところにある埋没毛であればピーリングやスクラブなどで取り除くことができるので、気になる場合には利用してみましょう。

埋没毛を避けるなら電気シェーバーや脱毛サロンで!

埋没毛にならないためにはカミソリや毛抜きを使用しなければいいのは上述したとおりです。その代わりに何を使ってムダ毛の処理を行えばいいのかというと、電気シェーバーを使うのがおすすめです。電気シェーバーは刃が直接お肌に触れることがないため、安全に自己処理を行えます。しかし肌の表面の毛しか剃れないため、チクチクした短い毛が残ることもあるでしょう。短い毛が気になる場合には思い切って脱毛サロンやレーザー脱毛に行って施術を行うと、キレイに脱毛できますよ。

医療脱毛の取り組み方は、それぞれの医療機関の方針や患者の希望などに応じて、余裕を持って理解を深めることが重要です。